保育施設を漆喰に囲まれた kidsroom Mohala

神戸市北区の保育ルームは漆喰に囲まれた保育施設です

こんにちは。

漆喰に囲まれたkidsroom Mohalaが神戸市北区北五葉にOPENして2週間が経とうとしてますがこの間に梅雨と夏の境目を経験し
保護者の方に自信を持って環境をおすすめ出来ることを身を持って感じることが出来ました。

まずは梅雨のジメジメした気温でしかも暑い日、施設に入ると、なんだか冷やっとしていて、適度の湿度を感じます。
まるで旅行で行った鍾乳洞のようです。

夏の暑い日になると空調をつけるのですが、空調のせいで少し部屋は乾燥気味
そんな時に漆喰に蓄えられてた水分が放出され、湿度十分です。

 

kidsroom Mohalaは出来る限り自然の中で保育をしたい

快適な空間とはどんな空間なのか、クーラーが効いて走り回っても汗すらかかない空間は果たして快適な空間と言うのでしょうか?
ここ数年、私たちが小さい頃と比べて暑い日が多く、熱中症には注意をしなければいけませんが、空調を使いすぎるのもまた、体には悪いです。

空調とは上手に付き合い、出来る限り自然な環境の中で子どもを保育することは必ず子どもにプラスになることだと思います。

 

 

 

関連記事

  1. キッズルーム モハラopenしました

  2. 季節の変わり目です。

  3. 乳児突然死症候群(SIDS)とは?

  4. 暖かくなって、お外で遊ぶのも楽しくなってきました

  5. 神戸市北区の一時保育

  6. 台風が去って秋らしくなってきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP